広島県 脳脊髄液減少症 患者会 ホーム »2010年05月
2010年05月の記事一覧

脳脊髄液減少症の症状について・・・  

スタートラインまで、もう少し掛りそうなので 少しこの病気の症状について書こうと思います。
え~と まずこの病気に掛ってしまう人には年齢や性別は全く関係ない?と個人的には思っております。(正しくは先生に聞かないと・・・ですが)きっかけは多くの人は交通事故(車・バイク・自転車・歩行者etc)が多く、その他にもスポーツ障害(何かのスポーツ中に体に衝撃やダメージを受ける)・仕事中に何かの荷物等が体にぶつかる・高い所から落ちる等など 様々ですが、 どちらにしても体に何らかの衝撃やダメージを受けてしまい、脊髄液が体の中で漏れ始めると この病気だと思います。 
症状は様々ですが、特に多いのは頭痛です。寝ている時より起き上がると激しい頭痛が場所を変えて起こります。
また交感神経(副交感神経)がやられますので、体の五感が正常に働かなくなり(例えば目に来るとすべてが眩しく見えたり・フラッシュ現象の様に目がチカチカしたり・目が回ったり・目を開けてるのさえ辛くなります。耳に来れば、聞こえてくる音がすべて不快に聞こえたり・大きくもない音がすごく響いたり、めまいを引き起こしたり(メニエルの様な症状)になったり・鼻にくれば嗅覚がおかしくなったり、口に来れば味覚が変になり今まで食べても平気だったものが突然食べる事ができなくなったり(その逆も有り)します。またその他に神経のバランスが正常ではなくなるので体の一部分がしびれたり、しんどくて集中できなかったり、やる気も起きません。後、お腹の調子とも連鎖しているようで下痢や便秘を繰り返したりします。
普通のレントゲンやCT・MRIなどでは通常、この病気は判断できませんので、他の人から見た目にはどこも悪くないように見えますので余計厄介です。
その為にほとんどのの場合は思春期だから・・ホルモンのバランスが・・・更年期・・・精神障害・・・などと判断されがちで どこの病院の科にいっても原因がわからず 結局ペインクリニックや精神病院をたらい回しにされる事が多いようです。
皆さんは、このような症状に思い当たる事はありませんか?
まだまだ 知られていないマイナーな病気の為、情報が少ないのも仕方がないのですが・・・><
決して鬱や気のせいなんかではありません。この様な病気が数年前から発見され 今ものすごく同じ悩みを抱えている方がおられるが、どうしたら良いのかわからずそんまま・・・という方が多いと思われます。
ん~ あまりダラダラと書くと読む方もめんどくさいと思いますので今日のところはこの辺りで・・・

category: 情報

thread: 医療・病気・治療

janre: 心と身体

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

訪問者数

▲ Pagetop