広島県 脳脊髄液減少症 患者会 ホーム »2011年03月
2011年03月の記事一覧

中国新聞に掲載  

3月25日の新聞に東広島へ要望書を提出した記事が掲載されました。

内容は以下

脳脊髄液減少症の周知・医療対応要請東広島市長に患者会

交通事故などの衝撃で脊髄を覆う膜が破れて髄液が漏れ、頭痛やめまいを起こすとされる
「脳脊髄液減少症」の患者の会のメンバーが24日、東広島市役所を訪れ、蔵田 義雄 市長に
病気の周知などへの支援を求めた。
市内や福山市の会員5人は、市の公式ホームページでの症状などの説明や小中学校の教諭を対象にした
勉強会などを提案した。
診断や治療のできる医師が少なく、病名が分からないままになっている患者が多い現状も訴えた。
蔵田市長は「市内の医療機関と連携を取って対応したい」と話していた。

category: 情報

tb: 0   cm: 5

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

訪問者数

▲ Pagetop