広島県 脳脊髄液減少症 患者会 ホーム »2015年07月
2015年07月の記事一覧

平成28 年度 ブラッドパッチ(硬膜外自家血注入療法)の保険適用を!  


患者会の皆様、下記内容にて、
仮認定NPO法人脳脊髄液減少症患者・家族支援協会 経由におきまして
全国署名が開始されました。

皆様の多大なご協力によりまして、ブラッドパッチ療法が先進医療となり、現在、認定病院46ヶ所(H27年6月10日現在)になりました。
平成28年度保険適用の実現をめざして、11月下旬まで署名活動を行っております。
詳しくは*脳脊髄液減少症患者支援の会・子ども支援チームのホームページ
     *仮認定NPO法人脳脊髄液減少症患者・家族支援協会のホームページ 

をご覧ください。


 

ブラッドパッチ療法の保険適用及び脳脊髄液減少症の治療推進を求める要望書
脳脊髄液減少症は交通事故やスポーツ外傷等、身体への強い衝撃により、脳脊髄液が漏れ、頭痛、めまい、吐き気、倦怠感等の多種多様な症状が複合的に現れる病気です。
その症状は、外見的には見えないため、患者は、医療現場や交通事故時の保険関係者等の無理解に、心身ともに計り知れない苦渋を味わってきました。
平成23 年5月、厚生労働省・嘉山研究班の報告書に「交通事故を含め外傷による脳脊髄液の漏れは決して稀ではない。」と明記され、一人の医師の先駆的発想が、初めて公的に認められました。さらに、脳脊髄液減少症の一部である「脳脊髄液漏出症」の診断基準が定められ、治療法であるブラッドパッチ療法(硬膜外自家血注入療法)が「先進医療」 として承認され、平成26年1 月の先進医療会議では全国各地の症例報告527 件中、治療が有効とされたのは432 件であり、実に82% という有効率でした。
嘉山研究班による9 年に及ぶ脳脊髄液減少症の研究は、遂に、平成26年度に初期目標を達成し、その事業報告書に「脳脊髄液漏出症に対するブラッドパッチ療法は有効かつ安全な治療法であることが期待される。」と明記されました。更に、平成27年度中には「世界初の公的機関による外傷を機に発生する脳脊髄液の漏れ」の診断基準も完成される予定であります。現在、ブラッドパッチ療法の保険適用にむけての環境は全て整いました。
よって、国においては次の事項について早期に実現されるよう強く要望します。

 要 望 事 項
1. 平成28年4月には、脳脊髄液減少症の治療法であるブラッドパッチ療法(硬膜外自家血注入療法)を必ず保険適用としていただきたい。

2.厚生労働省の研究事業において、18歳未満の症例を加えていただきたい。

3. 早期発見・早期治療のため、医療関係機関等に脳脊髄液減少症についての最新の情報を提供していただきたい。

 脳脊髄液減少症患者支援の会
                        代表   大平千秋
                         事務局  川野小夜子
                        脳脊髄液減少症・子ども支援チーム
                         代表    鈴木裕子


 内閣総理大臣 総務大臣 国土交通大臣  
 厚生労働大臣 文部科学大臣


皆様にはお忙しい中、大変申し訳ありませんが、署名のご協力を心よりお願い申し上げます。
                                                            

category: 署名

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

訪問者数

▲ Pagetop