広島県 脳脊髄液減少症 患者会 ホーム » 情報 »北海道内 小中高 実体調査

北海道内 小中高 実体調査  

北海道脳脊髄液減少症患者支援の会 絆会代表 小川さま
そして子ども支援チーム 鈴木代表からの 情報頂きました。

北海道内 (小中高)公立学校中心に脳脊髄液減少症の実体調査をおこないまし
た 結果50名の患者がいる事が判明
小川代表の話では 私立をいれればもっといるはずとの事

詳細 
をクリックください

千葉 熊本 滋賀 についで正式な調査は 4道県目です この4道府県の18歳
未満の合計の患者数は 100名

すくなくとも 全国の18歳未満の患者は300人は
超えると思われます。

この300人の18歳未満の患者については 
日本脳神経外傷学会の基準ではほぼ100%該当しません。

といいますか 日本脳神経外傷学会の医師達は18歳未満の診断経験はゼロに等
しい

はたして 国のガイドライン 平等な話合い議論ができるだろうか?

NPO脳脊髄液減少症患者・家族支援協会
文責 情報提供


category: 情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirosimakanjyakai.blog106.fc2.com/tb.php/16-0e1977fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

訪問者数

▲ Pagetop