FC2ブログ
広島県 脳脊髄液減少症 患者会 ホーム » 情報 »ひとりになった時を考える

ひとりになった時を考える  

毎年秋が短くなっているように感じますね。

今年は思い切って、エアコンを稼働させました。

体の為とは言え、常に電気代を気にしなくてはならないのも辛いです。

皆さまは、寒くて痛みも増す中、どの様に工夫されているのか、是非ともお聞きしたいです。

さて、主人が健康診断で、要検査判定となりました。

さっそく地元の総合病院へ。

検査の結果、血管が石灰化しており、いつ死んでもおかしくないと言われたそうです。

主人がなくなり、子どもも何れは独立…

ひとりだと、出来ない事だらけ…

勿論、経済的余裕が有れば、ヘルパーさんにお願いするなど出来ますが、働けない身でもあります…

ゴミ出し一つ、まともに出来ません。切実です。

持病を抱える人にも、支援の手が届く世の中になっています欲しい…甘いですが、まだまだ大変な方もいらっしゃいます。

せめて、誰ひとり孤立しない世の中になって欲しい。

切に願います。

・・・と 負のオーラがでることも^^; 

次は気分を変えていきましょう!

広島県脳脊髄液減少症患者会 患者M





category: 情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirosimakanjyakai.blog106.fc2.com/tb.php/161-b01d1ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

訪問者数

▲ Pagetop