広島県 脳脊髄液減少症 患者会 ホーム » 情報 »本が出版されました。

本が出版されました。  

季節の変わり目で、みなさん体調も あまり良くないと思われますが・・・頑張って乗り切りましょう!!
先日、待望の(待ちに待った?) 福山医療センター 守山先生編集の本が出版されました。
為になることが沢山記載されていますので、是非一読されてみては 如何でしょうか?
参考URL:医学書専門の出版社金芳堂

*分類 医学 /臨床医学外科系 /脳神経外科学
脳脊髄液減少症の診断と治療
守山英二先生/編集

出版社名 金芳堂
出版年月 2010年7月
ISBNコード 978-4-7653-1439-8
(4-7653-1439-1)
税込価格 3,990円
頁数・縦 140P 30cm

執筆者(五十音順) 
石川慎一先生 福山光南病院麻酔科(現 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科麻酔・蘇生学)
篠永正道先生 国際医療福祉大学熱海病院脳神経外科
橋明弘先生 小樽市立脳・循環器・こころの医療センター脳神経外科(現 東札幌脳神経クリニック)
高橋浩一先生 山王病院脳神経外科
中川紀充先生 明舞中央病院脳神経外科
溝渕雅之先生 岡山旭東病院脳神経外科
守山英二先生 国立病院機構 福山医療センター脳神経外科


●診療実践から生まれた現時点の集大成! 関係者待望の一冊!!
●髄液の生理循環から検査,診断,治療法および治療成績,さらに小児の脳脊髄液減少症などを大判の紙面構成で明快に解説
●RI脳槽シンチグラフィー,CTミエログラフィー,MRI,MRIミエログラフィー の症例画像を掲げながら一つひとつ丁寧に説き明かす
●貴重な臨床データを豊富に呈示
●あくまで純粋に医学的な立場から病態の真実を究明する


Ⅰ.総説
Ⅱ.生理的髄液循環
Ⅲ.外傷と脳脊髄液減少症
Ⅳ.診断基準
Ⅴ.脳MRI所見
Ⅵ.RI脳槽シンチグラフィー
Ⅶ.脳MRミエログラフィーの有用性
Ⅷ.硬膜外自家血注入
Ⅸ.治療実績
Ⅹ.小児・若年者の脳脊髄液減少症
XI.むち打ち損傷とその周辺
XII.硬膜穿刺後頭痛

category: 情報

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirosimakanjyakai.blog106.fc2.com/tb.php/6-b815adf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

訪問者数

▲ Pagetop